クレジットカード現金化を行なう前に優良店を見分けよう

クレジットカードのショッピング枠に余裕があれば、分割払い金利が安いショッピング枠を利用して現金化を行なうと、キャッシング枠を利用した借入れを行なうよりも総返済額が少なくなります。

現金化をする際には、返済計画と現金化率からキャッシング枠利用時よりもお得になることを計算した上で利用しなければなりません。

また、現金化業者により還元率が異なるだけでなく、インターネット上のみで営業している業者が多く、優良店を見つけておくことが求められます。

優良店の特徴として、問い合わせのみであっても、快く答えてもらえるので、一度相談の連絡をしてみると良いでしょう。

互いに初回利用時は緊張するものですから、双方が警戒して初回取引を行なうことになるでしょう。

一度利用してしっかりとキャッシュバック金が振り込まれていれば、次回以降は安心して取引出来る優良店と認定出来るわけです。

最初から高額決済をして、現金化を一気に行ってしまうと、かえって目立つクレジットカードの使い方となってしまうので、あまり好ましいことではありません。

普段使用しているクレジットカードの使い方に加えて、自然にショッピング枠の現金化を行なうことがカード利用停止リスク回避のため望ましいです。

優良店は、極端に現金化率が高い95%以上の還元を行なっていません。

なぜなら、ショッピング枠を利用する時には、カード会社が決済手数料を数%取るので、現金化業者にカード会社から後日振り込まれる決済金額は、額面の95%を数%上下した金額になってしまいます。

そこから現金化業者の経費と利益を引いた金額が、現金化して振込できる金額となり、カード会社への入金前に現金化するほど現金化業者にはリスクがあるわけです。

このため、85%前後の現金化率で営業していれば、十分に優良店の可能性があります。

クレジットカード会社との関係により決済手数料が異なるので、少なくとも数枚のクレジットカードの現金化率を確認して、85%以上となるクレジットカードがあれば、優良店と見て良いでしょう。

筆者について

MwyRPancYk

記事を表示 →