クレジットカード現金化率はカード会社により変わります

クレジットカードのショッピング枠を現金化する時に、現金化業者のサイトでは最大還元率のみが記載されていて、実際に問い合わせた時にガッカリした経験を持つ人が少なくありません。

現金化業者も商売で行っているので、一定の利益と人件費が掛かります。

目安として6%~10%程度をクレジットカード現金化業者の取り分としなければ、商売になりません。

加えて、カード会社は加盟店に対してショッピング利用時に決済手数料を請求しており、余程の大口であっても3%は決済手数料が必要となります。

3%~8%程度が一般的なカード会社が加盟店に対して設定している決済手数料ですが、中には20%も決済手数料を請求している歓楽街にある加盟店も少なくありません。

クレジットカード現金化業者が直接加盟店となっている場合だけでなく、間に決済会社を挟んでいるケースもあります。

ありとあらゆるクレジットカードのショッピング枠を現金化出来るわけではなく、カード会社との関係値によりカード会社側が設定する決済手数料に差が出るという点を知っておくと良いでしょう。

現金化業者にとっても、得意とするカード会社と決済手数料が高くされてしまい苦手とするカード会社があるわけです。

全く同じクレジットカードであっても、事業規模が同じ現金化業者間で還元率に差が出てしまうのは、決済手数料の差だと考えれば納得出来る筈です。

現金化業者のホームページに掲載している最高還元率は、最も得意とするクレジットカードで大口のキャッシュバック還元を行なった場合が掲載されています。

現金化業者を利用しようと考えた時には、遠慮せずに本日のクレジットカード現金化率がいくらになるのか、手持ちのクレジットカード会社とブランドを伝えて比較してから依頼先を決めると良いでしょう。

現金化率は日毎に変わるものと考えておけば、その日に最も得をするクレジットカードと現金化業者の組み合わせで利用すれば良いわけです。

いざ現金が必要になる時のために、事前に少額利用をして現金化業者が信頼できる業者か確認しておくことも大切です。

筆者について

MwyRPancYk

記事を表示 →